メモ的なblog? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

Raspberry Piで温度&気圧測定(センサー接続編)

Raspberry Piに繋ぐセンサーとして選んだのは、I2C接続の温度センサーと気圧センサー

温度センサー:TMP102(http://www.switch-science.com/products/detail.php?product_id=258
R0016807.jpg


気圧センサー:MPL115A2(http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-04596/
R0016845.jpg


温度センサーが載ってる基板に、SCL端子とSDA端子へのプルアップ抵抗が付いているため、Raspberry PiのSCL端子とTMP102・MPL115A2のSCL端子を接続、SDA端子も同様に配線します。
Raspberry Piの3.3V端子と、TMP102のV+端子・ADD0端子、MPL115A2のVDD端子・SHDN端子・RST端子を接続。
MPL115A2のCAP端子とGND間に1μFのコンデンサーを接続。
Raspberry Pi、TMP102、MPL115A2のGNDを接続して、Raspberry Piと各センサーとの接続は完了。
R0016847.jpg


Raspberry PiのGPIOピン配列は、こちらを参考に
http://elinux.org/RPi_Low-level_peripherals


Raspberry PiとTMP102の接続については、このHPに詳しく書かれてます。
http://www.gvc-on.net/?p=288
120923-0001.png

作成したスクリプトは、こちら。
tmp102.zip


温度センサーについては、上記のHP通りにやればシェルスクリプト(bash)で簡単に温度を取得できましたが、気圧センサーはシェルスクリプトで動作させてるページがなく、自分で作ってみました。
120923-0002.png

作成したスクリプトは、こちら。
プログラミング素人が作ったものなので、もっと効率良い方法があると思いますが・・・
MPL115A2.zip

参考にしたHP
http://www.ne.jp/asahi/shared/o-family/ElecRoom/AVRMCOM/MPL115A2cnt/MPL115A2cnt.html
http://ameblo.jp/tonsuke-usagi/entry-10921709064.html


温度&気圧センサーから値が読めたので、MRTGでグラフ化します。
MRTGで定期的にデータを取得するにあたり、気圧センサーのデータ取得に一工夫。
係数であるa0、b1、b2、c12、c11、c22は、センサー固有の値であるため、毎回取得するのではなく、シェルスクリプト内の計算式に入れておくことで処理時間を短縮。
値のバラツキが大きいので、10回測定して平均化。
また、気圧値をMRTGでそのままグラフ化すると変化量が見えにくいので、測定値から900を引いて表示しています。

MRTG用のスクリプトは、こちら。
tmp.zip
hpa.zip


MRTGの設定ファイルを作成し、5分ごとのデータをグラフ化
スクリーンショット 2012-09-23 23.34.41

スクリーンショット 2012-09-23 23.47.14


参考までにMRTG、SNMPの設定ファイルも公開
(トラフィック量、CPU負荷率、メモリー残量、ディスク残量をグラフ化しています。)
スクリーンショット 2012-09-23 23.39.52

mrtg.zip
snmpd.zip
スポンサーサイト
   23:41 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://machide.blog98.fc2.com/tb.php/116-b3193d12
Amazonお得商品検索

割引率:%~%
Amazonベストセラー

タグ de Amazon
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。