メモ的なblog? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

GoogleマップにGPSログと写真の張り付け方

用意するもの
 Googleアカウント
 GPSログ(GPX形式)
 写真(ジオタグが埋め込まれたもの)
 ※ジオタグの埋め込みについては、こちらを参照


Googleの写真共有サービスであるPicasaに写真をアップロードします。
アップロードには専用ソフトである「Picasa Web Albums Uploader」を使用。
ピクチャ 3


起動したら、Googleのアカウントを入力
ピクチャ 2


アルバムのタイトルを入力して、左下の「+」をクリックしてアップロードする写真(フォルダ)を選択します。
ピクチャ 4


右下の「Upload」をクリックすると、アップロードが始まります。
ピクチャ 5


アップロードが終了すると、ダイアログが表示されるので、「View」をクリック。
Webブラウザが起動して、Picasaにアップロードしたアルバムが表示されます。
Picasa Web Albums Uploaderは終了
ピクチャ 2


このままでは、GPSの位置情報は表示されていません。
ページの右上にある「設定」をクリック
ピクチャ 2


設定の下の方に「コンテンツ コントロール」→「Exif位置情報を使用する。」があるので、チェックを入れて、設定を保存する。
ピクチャ 3


マイ フォトのアルバムに戻ると、左下に「写真の場所」が表示されています。
ピクチャ 4


地図の下にある「マップの表示」をクリックすれば、写真の位置を確認できます。
位置がズレている場合は、右上の「マップを編集」をクリックして、地図上の写真をドラッグすれば位置の変更が出来ます。編集が終了したら、「完了」をクリック。
ピクチャ 5


右上の「Google Earthで表示」をクリック
ファイル保存のダイアログが表示されない場合は、右クリックで「リンク先のファイルを別名で保存...」を選択。
ピクチャ 6


拡張子は.kmlとして、ファイルを保存します。
Picasaでの作業は、終了です。
ピクチャ 7


GoogleマップをWebブラウザで開いて、右上の「新しい地図を作成」をクリック
ピクチャ 8


タイトルを入力して、「インポート」をクリック
ピクチャ 9


「KMLのインポート」というダイアログが表示されるので、保存したKMLファイルを選択して、「ファイルからアップロード」をクリック
アップロードが終了すると、Googleマップ上に写真が表示されます。
とりあえず、完了をクリックして終了します。
ピクチャ 11


GPSのログデータであるGPXファイルからKMLファイルを作成します。
使用するソフトは、「LoadMyTracks」
ピクチャ 3


起動して、「File」→「Translate File...」を選択
ピクチャ 2


拡張子は、.kmlにして保存。
ピクチャ 1


再びGoogleマップで、先ほど作成したマイマップを選択して、左側の中央付近にある「編集」をクリック
ピクチャ 3


先ほどと同様にインポートでGPSログから変換したKMLファイルをインポートすると、GPSのログが読み込まれます。
ピクチャ 4


ログの色や線幅の変更は、タイトルをクリックしてログのポップアッ・ウインドウを表示させて、四角い枠をクリックします。
ピクチャ 5


「線のスタイルを編集」が表示されるので、編集を行います。
ピクチャ 6


全ての編集が終了したら、「完了」をクリック
ピクチャ 7


このGoogleマップを、人に教えたり、HPに載せる場合は、右上の「リンク」をクリックして表示されたURLやHTMLをコピーして使用します。
ピクチャ 9


今回作成した、Googleマップ

大きな地図で見る
スポンサーサイト
   16:31 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Lightroomで管理している写真にジオタグ付け

本題に入る前に、Gamin RoadTripが3月24日にVer. 2.0.2にアップデートしてました。
ピクチャ 13


ついでにPOI Loaderも1月にVer. 2.1.0が出てました。
やっとこさ、日本語化されました。
ピクチャ 14


さて、本題です。
Adobe Lightroomには写真のGPS情報(ジオタグ)から、Googleマップで位置表示をさせる機能がありますが、写真にジオタグを付ける機能がありません・・・
Lightroomに取込む前なら、ジオタグ付けしてから取込めば良いんだろうけどね。
と言うことで、取込んじゃった写真にジオタグ付けを実験してみました。
使用したLightroomはVer. 1.4.1です。


まずは、ジオタグが付いていない状態のExif情報
ピクチャ 1


ジオタグを付ける写真を選択して、メニューの「メタデータ」→「メタデータをファイルに保存」を選択。
保存が終了したらLightroomを一度終了。
ピクチャ 2


ジオタグ付けには、「GPSPhotoLinker」を使います。
ピクチャ 3


起動した画面
ピクチャ 4


メニューの「GPSPhotoLinker」→「Preferences...」を開いて「Metadata」を選びます。
国名などはLightroom上で入力してあるので、チェックを外しておきます。
デフォルトでは全てチェックが入っているので、緯度経度から検索された情報(ローマ字の市町村名)に上書きされてしまいます。
ピクチャ 5


ウィンドウ上の「Batch」を選択して、「Load Tracks」でGPSファイル(GPX形式)を読み込むか、「DownLoad」でGPSから直接GPSデータを読み込みます。
「Load Photos」でLightroomで管理している写真が入ったフォルダを選択して、写真を読み込みます。
ピクチャ 6


取込んだ写真の時刻情報がズレている場合は、写真を選択して「Shift Time」で写真の時刻情報を修正します。
ピクチャ 7


「Photos' Time Zone」は、デジカメのタイムゾーン、GPSのタイムゾーンに応じて変更します。


Linking Optionsにある、Link to: の選択は、「Time weighted average point」を選択すると、写真に埋め込む位置情報は、撮影した時刻の前後の時刻のGPSデータから算出してくれます。

設定が終了したら、ジオタグを付ける写真を選択して「Batch save to photos」をクリック
ジオタグの埋め込みが自動的に行われます。
ピクチャ 9


終了後、写真を選択するとジオタグが埋め込まれていることと、緑の地球?のアイコンをクリックでGoogleマップ上での位置の確認が出来ます。
ピクチャ 10


GPSPhotoLinkerを終了して、Lightroomを起動
ジオタグを埋め込んだ写真を選択して、メニューの「メタデータ」→「メタデータをファイルから読み込む」を選択
ピクチャ 11


これでLightroom上でもGPSによる位置情報が見られるようになりました。
「GPS測定位置」の矢印をクリックすると、Googleマップで位置を確認出来ます。
ピクチャ 12



   14:14 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
Amazonお得商品検索

割引率:%~%
Amazonベストセラー

タグ de Amazon
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。