メモ的なblog? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

HDD Audio Remoteをパソコンで♪

CD環境からSONY HAP-Z1ESに移行して、快適なハードディスクオーディオに大満足♪
IMGP9207.jpg

でも、一つ不満点が・・・
それは、楽曲の閲覧、再生が可能な専用アプリ「HDD Audio Remote」がiOS版とAndroid版しかないこと。
パソコンを使っている時は、パソコンからも操作出来たほうが便利だけど、WIndows版もMac版もないですよね・・・
そこで、Androidエミュレータを使い、パソコン(Mac)からも操作出来るようにしました。

まずは、VirtualBoxをダンロードしてインストール。
00.png

Androidエミュレータはgenymotionを使用します。
01.png

Free版を使用。
02.png

ダウンロードするのにも、使用するにもユーザー登録が必要です。
03.png

Mac OS X版をダウンロード
04.png

ダウンロード後、インストール。
Applicationsフォルダにドラッグ&ドロップするだけ。
05.png

Android SDKのダウンロード
06.png

ダンロードしたファイルを解凍して、適当な場所に置いときます。
07.png

Genymotionを起動
08.png

Settingsをクリック
09.png

UserneameとPasswordを入力
10.png

Android SDKのパスを設定
解凍したフォルダ内のsdkフォルダを選択
設定後、"OK"をクリック
11.png

"Add"をクリック
12.png

今回は、タブレットの方が操作性が良いのと、パソコン上で動かすので解像度1280x800のSony Xperia Tablet Sをインストールします。
"Sony Xperia Tablet S -4.1.1 - API16 - 1280x800"を選択して"Next"
13.png

名前を変えたい場合は変えて"Next"
14.png

インストールが終了したら"Finish"
15.png

デバイスを選択してダブルクリックもしくは"Play"をクリックしてAndroidを起動
16.png

起動後、"OK"をクリックして"To see all your apps, touch the circle"部分をクリック
17.png

英語表示で起動するので、日本語表示に変更
"Settings"をクリック
18.png

"Language & input"内の"Language"を選択
一番下にある"日本語"を選択
19.png

20.png

時刻を日本に変更
"日付と時刻"内の"タイムゾーンの選択"で"GMT+09:00, 日本標準時"を選択
21.png

とりあえずAndroidを終了
左側にあるメニューバーの下の方にある▼をクリックすると電源ボタンのアイコンが現れるので長押しすると、メニューが出てきてAndroidを終了することが出来ます。
22.png

デフォルトのままでは、ローカルのネットワークに接続出来ないため、ネットワークの設定を変更
VirtualBoxを起動
23.png

"Sony Xperia Tablet..."を選んで"設定"をクリック
24.png

"ネットワーク"内の"アダプター2"を選んで"ブリッジアダプター"に変更して"OK"をクリック
VirtualBoxを終了
25.png

Androidにアプリをインストールするための準備
ARM Translation InstallerとGoogle Appsのダウンロード
Sony Xperia Tablet S -4.1.1にインストールするので、Google Apps for Android 4.1を選択
26.png

Androidを起動して、"Genymotion-ARM-Translation_v1.1.zip"をインストール
インストールはAndroidのディスクトップにファイルをドラッグ
インストール後Androidを終了
27.png

再びAndroidを起動して、"gapps-jb-20121011-signed.zip"をインストール
ARM Translation Installerと同様に、Androidのディスクトップにファイルをドラッグ
インストール後Androidを終了
28.png

Android用の"HDD Audio Remote"をインストール
ブラウザで「Android搭載スマートフォン用アプリはこちら(「Google Play」の「HDD Audio Remote」サイトに遷移します)」にアクセス
29.png

"Playストア"を選択
30.png

Googleのアカウントでログイン
31.png

"HDD Audio Remote"をインストール
32.png

インストール完了
33.png

これで、パソコンからもHAP-Z1ESを操作出来るようになりました♪
34.jpg

 


スポンサーサイト
   20:43 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

ノイズキャンセリング・ヘッドホン

前から興味があったノイズキャンセリング・ヘッドホンを購入してみました。
購入したのは、SONYのMDR-NC100D
R0016067_20120218152444.jpg


ヘッドホンに内蔵されたマイクでノイズを拾い、デジタル処理で逆位相の音を発生させ、ノイズをキャンセルさせます。
http://www.sony.jp/headphone/products/MDR-NC100D/feature_1.html#L2_20
R0016078.jpg


他に持っているヘッドホンとの比較
左から購入したMDR-NC100D、旅行の時とかに使ってるMDR-EX500SL
普段使いのMDR-EX300SL
MDR-NC100Dは、マイクが内蔵されているだけあって大きいです。
R0016076.jpg


MDR-NC100Dは他の2つと違って、イヤーピースの内側に低反撥ウレタンフォームが入ってます。
R0016077.jpg


まずは部屋で試してみると
MDR-NC100Dは、装着しただけで密閉感があり静音性が良さそう。
電源OFFでも通常のヘッドホンとして使えるので、まずはOFFで聴いてみます。
音のバランスはイマイチ
MDR-EX500SL>MDR-EX300SL>MDR-NC100D

ノイズキャンセリングをONすると、ONした瞬間は水の中に潜ったような感じ?
音がない状態ではホワイトノイズが聞こえます。
音楽を聞いても、音のバランスは更に崩れて、中高域が強調されたような音に・・・
とても静かな環境で聴こうとは思えません。

次は電車の中、新幹線、地下鉄と聴いてみたけど。効果は絶大!!
ガタンゴトンとか不定期に聞こえる周波数成分の高い音は少し聞こえるけど、ゴーとか連続して聞こえる低い音はほとんど聞こえなくなります。静かめな音楽も聴くことができます。
部屋で聞いた時に気になった音のバランスも気になりません。

外で使っていて気になった点としては、
ヘッドホンが重め
本体のクリップが弱い(電車の中では良いけど、歩いてるの外れやすい)

良い点は、
「MONITOR」を押すと、音声が全てOFFになる。(車内放送を聞く時便利)
ノイズキャンセリングOFFでも、普通のヘッドホンとして使える。(歩いている時とはOFFの方が良い)


航空機用プラグアダプターも付属しているので、飛行機の中でも試してみたいです~



  
   15:58 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

鉄腕ハサミGT

ネジザウルスに続き、所さんの世田谷ベースで紹介されていた株式会社エンジニアの新製品「鉄腕ハサミGT」を買ってみました。
R0015985.jpg


工具らしからぬパッケージ
R0015986.jpg


中にも色々特徴が書いてあります。
R0015988.jpg

R0015990.jpg


工具でRoHS対応って初めて見たかも。
R0015991.jpg


まだ、これといったものを切ってないので、ネジザウルスみたいな感動はまだありません
R0015992.jpg



   18:15 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

ネジザウルス

某テレビ番組で所さんが大絶賛していた工具、「ネジザウルス」を買ってみました。
ネジの頭をつまみやすくしてあるので、ネジ山が潰れてしまったネジもガッチリ掴んで外してしまう優れ物です。

買ったのは、ネジザウルスGTとネジザウルスXP

ネジザウルスGT(頭の低いネジ用)
R0015788.jpg

ネジザウルスXP(大きいネジ用)
R0015790.jpg


普通のペンチにはない縦溝で、ガッチリネジの頭を摘みます。

ネジザウルスGT(頭の低いネジ用)
R0015787.jpg

ネジザウルスXP(大きいネジ用)
R0015789.jpg

普通のペンチ
R0015794.jpg


先端からみると、ネジの頭を掴みやすくするためにRが付いていて隙間があるので、普通のペンチみたいな使い方は出来ないかも。
R0015792.jpg


会社でHI-LOCK(嫌気性接着剤)塗布して、取り外せなくなったネジをネジザウルスで外そうとしたら・・・
ものの見事に、ネジの頭がブチ切れました・・・
恐るべしネジザウルス・・・



   
   23:24 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

DSO nano 小型オシロスコープ その他

DSO nanoのプローブを自作しました。
テスター棒タイプと、ちゃんとしたオシロスコープのプローブみたいにGND側が"みの虫クリップ"で信号側が"ICクリップ"の物を作成。
R0015840.jpg


付属品で分解用?のドライバーが付いていたのでバラしてみました。
R0015826.jpg


CPUはSTマイクロエレクトロニクスのARM"STM32F103VBT6"
R0015827.jpg


プローブ端子周り
R0015834.jpg


バッテリー周り
バッテリーの配線が、切れそうで怖い・・・
R0015833.jpg


回路図は、こちらからダウンロード出来ます。
http://code.google.com/p/dsonano/downloads/detail?name=DS0201%20V2.3%20Scheme.pdf



 
   23:02 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
Amazonお得商品検索

割引率:%~%
Amazonベストセラー

タグ de Amazon
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。