メモ的なblog? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

McIntosh MA6900 ランプ交換

とうとう見るに耐えないまでフロントパネルのランプが切れてしまいました・・・
IMGP9094.jpg


修理に出すと2〜3万円?
っと言うことで自分で交換
こちらのブログを参考に、型式は違うけど同じだろうと憶測のもとにマルツパーツ館AT-607-12Vを6個購入。

オーディオラックに設置後、初めて移動(^^ゞ
R0017415.jpg


掃除がてら、リア側のカバーを外してみました。
ランプ交換時は、外す必要ないです。
R0017416.jpg


フロント側のカバーを外します。
上面に2本、両側面に1本づつビスで止めてあるだけです。
R0017418.jpg


フロントパネルの両横側に2本づつあるビスと、底面の3本を外せばフロントパネルが外せると思ったけど、底側にあるケーブルで外せない・・・
R0017419.jpg

R0017420.jpg


とりあえずフロントパネルの両横側に2本づつあるビスは外さず、底板を外すことに
フロントパネルを止めてある3本と、シャーシに止めてある11本を外すと底板が外れます。
R0017421.jpg

コネクタを2個外します。
R0017421-2.jpg


天面側に戻って、FFCケーブルを外します。
ロック機能はないので、慎重に引く抜きます。
R0017417.jpg


フロントパネルの両横側に2本づつあるビスを外すと、フロントパネルが外れます。
R0017423.jpg


メーター部のナットを外します。
R0017424.jpg


半田ゴテで外して、新しいランプを半田付け。
R0017430.jpg

R0017431.jpg


元に戻して完了♪
R0017433.jpg


ふと、気になるものがあったので外してみると・・・
ソケットタイプのランプが8個も(^^ゞ
生きていたのは1個のみ
R0017426.jpg


急遽、近くのマルツパーツ館T-3WT12Vを8個購入。
R0017427.jpg


リード線を曲げてソケットに固定してあるだけなので、古いのを外して、同じようにソケットに固定します。
本当は、もう少し大きな麦球が良かったかな・・・
R0017428.jpg


生きてる球もあったけど、全部交換しちゃいます〜
R0017441.jpg

R0017434.jpg


あとは元通りに組み立てて終了!!
やっぱり、光ってるほうが良いね(^_-)-☆
IMGP9113.jpg


スポンサーサイト
   15:52 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

デジタルアンプLXA-OT1再び改造

完成と言いつつ、イジりたくなってしまったので・・・

音が良いというPanasonicのECHUメタライズド・フィルムコンデンサ
売っていた定数も0.1μFと100pFで5個単位でしか買えなかったので、0.1μFを20個、100pFを10個購入。
ECHU-16V0.1uF
ECHU-50V100pF
R0016039.jpg


RSオンラインでデジタルアンプ用のインダクタを購入。5個単位でしか購入できないので、5個購入。
東光のデジタルアンプ用インダクタ11RHBP、スピーカーインピーダンス8Ω用にするため定数は33nH
11RHBP A7503CY-330M
R0016049.jpg

R0016050.jpg


オヤイデ電気でケーブルも購入
スピーカーケーブル:EXPLORER 0.75
R0016051.jpg


シールド線:HPC-22W
R0016053.jpg


ついでに、机の上に適当に置いていたスピーカーのガタつき防止用にインシュレーターも購入。
クロロプレンインシュレーターCP-4
R0016042.jpg


やっと、改造に入ります。
今回はローパスフィルターの部品を交換
スピーカーインピーダンス毎の推奨定数は、IC(TDA7491HV)のデータシートに載ってます。
今回は、37ページに載っている8Ωスピーカーの定数にします。


ますは、部品を取り外します。
電コンも邪魔だったので、取り外してあります~
R0016054.jpg


330pFの所は、100pFを3個並列にして300pFに
亀の子状態、このコンデンサは熱に弱いので半田付けに気を使います。
R0016056.jpg


0.1μFの所は、そのまま0.1μF。
でもチップサイズが違うので、部品の下に半田が流れるように半田付け。
ちゃんと半田付けされてるかは、テスタで確認。
R0016057.jpg


インダクタは、22μHから33μHに変更。
R0016059.jpg


0.47μFは、0.1μFを5個並列にして0.5μFに
半田面側のレジストを剥がして取り付けます。
R0016055.jpg

R0016058.jpg


内部配線も、購入したケーブルに変更
R0016061.jpg


パソコン周りに置くので、ケーブルが乱雑にならないように、短いRCAケーブルを作成
シールド線がヘッドフォンコード向けということで、外径が細いので太さに合わせてRCAコネクタを選択.
安物コネクタとなりました・・・
R0016060.jpg


組み直して終了。
中高域の音が綺麗になりました!!
R0016062.jpg
   18:07 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Audinst HUD-mx1

デジタルアンプ・キットLXA-OT1は、パソコン(iMac)と繋いで使ってますが、iMacのヘッドフォン出力からだと音質に限界がありそうなので、前から興味があったUSB-DACを購入してみました。
キットも探してみましたが、昔からPCM2704[44.1k/48kHz 16bit]を使用した物しかなかったので、完成品です。
購入したのは、Audinst HUD-mx1
R0016040.jpg


とりあえず接続
うん?そんなに変わらない? ちょっと良くなった程度??
USBバスパワーACアダプター動作に変更。お、良くなりました♪
USBバスパワー時には本体が温かくなることなかったけど、ACアダプター動作だとほんのり温かい。
R0016041.jpg


分解してみます。
リアのビス5本を外します。
R0016044.jpg


ボリュームのツマミが硬くて基板が取り出せないので、フロントパネルも外しちゃいました。
R0016045.jpg


主要な部品のレイアウトは、こんな感じ。
reg.png

op.png


Audinst HUD-mx1のHPに回路レイアウトが載っていますが、少し解説(一部想像)してみます。


<USBオーディオコントローラー>
TENORチップセット


<DAC>
Wolfson WM8740
24bit/192kHzに対応してるけど、製品自体は24bit/96kHz対応


<オペアンプ>
National Semiconductor LME49860
DAC出力後のオペアンプ(フィルター回路)
ソケット式でオペアンプの交換が可能

Burr-Brown OPA2134
ライン出力部のオペアンプ

Analog Devices AD8397
ヘッドフォン出力部のオペアンプ

※3つのオペアンプの電源は共通
 USBバスパワー動作時:正電源8.48V、負電源-7.27V
 ACアダプター動作時:正電源11.88V、負電源-12.98V


<ジャンパー>
JP4、JP5
ジャンパー設定で、インペーダンスを約16~300Ωから約300~600Ωに変更可能


<電源部>
REG1(レギュレーター?)
 USBバスパワー動作時:入力4.97V→出力3.31V
 ACアダプター動作時:入力5.04V→出力3.31V
USBオーディオコントローラー電源用

REG2(TEXAS INSTRUMENTS MC33063A:DC-DCコンバータ)
 USBバスパワー動作時:入力4.48V→出力-7.28V(ダイオードD2後)
 ACアダプター動作時:入力11.86V→出力-12.98V(ダイオードD2後)
オペアンプ負電源用

REG3(低損失レギュレータ?)
 USBバスパワー動作時:入力4.98V→出力4.75V
 ACアダプター動作時:入力5.06V→出力4.75V
DAC電源用

REG4(低損失レギュレータ?)
 USBバスパワー動作時:入力4.98V→出力4.74V
 ACアダプター動作時:入力5.06V→出力0.02V
何の電源か不明。

REG5(KEC KIA278R12PI:レギュレータ)
 USBバスパワー動作時:入力0V→出力0V
 ACアダプター動作時:入力14.75V→出力12.14V
ACアダプター動作時のオペアンプ正電源用

U6(昇圧DC-DCコンバータ?)
 USBバスパワー動作時:入力?V→出力8.71V
 ACアダプター動作時:入力?V→出力0V
USBバスパワー動作時のオペアンプ正電源用


各オペアンプの電源は、
 USBバスパワー動作時
  正電源:USB(5V)→U6で昇圧(8.71V)→ダイオード(逆流防止)→8.48V
  負電源:USB(5V)→ダイオード?(4.48V)→REG2で負電圧に変換→-7.28V

 ACアダプター動作時
  正電源:ACアダプター(15V)→REG5で降圧(12.14V)
      →ダイオード(逆流防止)→11.88V
  負電源:REG5出力(12.14V)→ダイオード?(11.86V)
      →REG2で負電圧に変換→-12.98V

となっています。
USBバスパワー動作時は、正電源も負電源もDC-DCコンバータを使ってるし、電圧範囲も約±8Vと狭いです。
ACアダプター動作時は、正電源はレギュレータとなり、電圧範囲も約±12Vと広くなるので音質面では有利かな。
ここをトランスを使用した正電源・負電源にすれば、かなり音質良くなりそう。




   17:32 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

デジタルアンプ・キットLXA-OT1 ケース入れ

やっとこさデジタルアンプ・キットLXA-OT1をケースに入れてあげます。
電源内蔵も考えたけど、コンパクトサイズにしようということで、付属のACアダプターで動作させることにしました。

ケースは、タカチのMX3-11-12BBを選択
パネル面積があまりないので、端子はなるべく小型な物を選択
ターミナル端子、このタイプの金メッキ仕様が昔はあったんだけどな・・・
R0016029.jpg


タカチのHPからCAD図面をダンロードして、フリーのCADソフト「AR CAD」で端子のレイアウトを決定。
496431522.png


パネルはABS樹脂なので、穴あけ楽チン♪
R0016030.jpg


端子を取り付けます。
R0016032.jpg


基板上の端子・LEDを取り外し。
R0016033.jpg


スペーサーの固定は、タミヤのエポキシ造形パテを使いました。
R0016035.jpg


配線~
R0016034.jpg


フロントパネルの固定は、ケース付属の皿ビスじゃ見た目がイマイチなので、六角穴付ボルトで固定。
R0016036.jpg


リアパネルは、ケース付属の皿ビスで固定。
R0016037.jpg


小型デジタルアンプの完成~
R0016038.jpg



   11:59 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

実験用直流電源キットDK-911

デジタルアンプ・キットLXA-OT1の電源をどうしようかなぁ~っとインターネットで探索していたら、サンハヤト株式会社の実験用直流電源キットDK-911というのを見つけて、便利そう!!ということで早速購入。
R0016022.jpg


組み立て開始
R0016023.jpg


基板に付ける部品は少なめ
ACラインには、小さいけどサージアブソーバまで付いてます。
回路自体は、ブリッジ式全波整流回路に三端子レギュレータと基本的な物。
R0016024.jpg


配線が意外と手間です・・・
R0016025.jpg


一発で正常動作♪
スイッチ1つで、よく使う1.5V、3V、3.3V、5V、6V、9V、12V、15Vが出力されます。
出力電圧の誤差は±5%、最大出力電流0.8Aとなってます。

5V出力
R0016027.jpg

12V出力
R0016026.jpg


デジタルアンプLXA-OT1を動かしてみます~
R0016028.jpg


 

   21:42 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
Amazonお得商品検索

割引率:%~%
Amazonベストセラー

タグ de Amazon
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。