メモ的なblog? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

GoogleマップにGPSログと写真の張り付け方

用意するもの
 Googleアカウント
 GPSログ(GPX形式)
 写真(ジオタグが埋め込まれたもの)
 ※ジオタグの埋め込みについては、こちらを参照


Googleの写真共有サービスであるPicasaに写真をアップロードします。
アップロードには専用ソフトである「Picasa Web Albums Uploader」を使用。
ピクチャ 3


起動したら、Googleのアカウントを入力
ピクチャ 2


アルバムのタイトルを入力して、左下の「+」をクリックしてアップロードする写真(フォルダ)を選択します。
ピクチャ 4


右下の「Upload」をクリックすると、アップロードが始まります。
ピクチャ 5


アップロードが終了すると、ダイアログが表示されるので、「View」をクリック。
Webブラウザが起動して、Picasaにアップロードしたアルバムが表示されます。
Picasa Web Albums Uploaderは終了
ピクチャ 2


このままでは、GPSの位置情報は表示されていません。
ページの右上にある「設定」をクリック
ピクチャ 2


設定の下の方に「コンテンツ コントロール」→「Exif位置情報を使用する。」があるので、チェックを入れて、設定を保存する。
ピクチャ 3


マイ フォトのアルバムに戻ると、左下に「写真の場所」が表示されています。
ピクチャ 4


地図の下にある「マップの表示」をクリックすれば、写真の位置を確認できます。
位置がズレている場合は、右上の「マップを編集」をクリックして、地図上の写真をドラッグすれば位置の変更が出来ます。編集が終了したら、「完了」をクリック。
ピクチャ 5


右上の「Google Earthで表示」をクリック
ファイル保存のダイアログが表示されない場合は、右クリックで「リンク先のファイルを別名で保存...」を選択。
ピクチャ 6


拡張子は.kmlとして、ファイルを保存します。
Picasaでの作業は、終了です。
ピクチャ 7


GoogleマップをWebブラウザで開いて、右上の「新しい地図を作成」をクリック
ピクチャ 8


タイトルを入力して、「インポート」をクリック
ピクチャ 9


「KMLのインポート」というダイアログが表示されるので、保存したKMLファイルを選択して、「ファイルからアップロード」をクリック
アップロードが終了すると、Googleマップ上に写真が表示されます。
とりあえず、完了をクリックして終了します。
ピクチャ 11


GPSのログデータであるGPXファイルからKMLファイルを作成します。
使用するソフトは、「LoadMyTracks」
ピクチャ 3


起動して、「File」→「Translate File...」を選択
ピクチャ 2


拡張子は、.kmlにして保存。
ピクチャ 1


再びGoogleマップで、先ほど作成したマイマップを選択して、左側の中央付近にある「編集」をクリック
ピクチャ 3


先ほどと同様にインポートでGPSログから変換したKMLファイルをインポートすると、GPSのログが読み込まれます。
ピクチャ 4


ログの色や線幅の変更は、タイトルをクリックしてログのポップアッ・ウインドウを表示させて、四角い枠をクリックします。
ピクチャ 5


「線のスタイルを編集」が表示されるので、編集を行います。
ピクチャ 6


全ての編集が終了したら、「完了」をクリック
ピクチャ 7


このGoogleマップを、人に教えたり、HPに載せる場合は、右上の「リンク」をクリックして表示されたURLやHTMLをコピーして使用します。
ピクチャ 9


今回作成した、Googleマップ

大きな地図で見る
スポンサーサイト
   16:31 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Googleマップから緯度経度を知る方法

<Geocoding.jpを使う>
住所やランドマーク名から経度、緯度を検索出来ます。
ただ、検索に引っかからない住所やランドマークも多いのです・・・
20080104_01.jpg


<スクリプトを使う>
1.Googleマップで緯度経度を知りたい場所を開く
20080104_02.jpg


2.知りたい場所にマウスのカーソルを持っていき、右クリックで「ここを地図の中心」を選択
20080104_03.jpg


3.以下のスクリプトをURL欄に入力。もしくは、ブックマークに登録しておいてブックを選択
javascript:void(C=new%20String(gApplication.getMap().getCenter()).replace('(','N').replace(',%20','%20E').replace(')','').replace('N-','S').replace('E-','W'),prompt('',C));
20080104_04.jpg


参考HPはこちら
http://www.uud.info/ja/support/search/
http://www.popxpop.com/archives/2007/06/google_maps_1.html

MacのSafariでも、ちゃんと表示出来ました。


   19:33 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

日本詳細地図とフリー地図の同時インストール

フリー地図をインストールしたら日本詳細地図が消えてしまった問題は、どうやら地図のインストールは、MicroSD上の/Gamin/というフォルダにgmapsupp.imgを作成しているみたい。
地図を分てインストールするとgmapsupp.imgファイルが上書きされてしまい、前に入れた地図が消えてしまうのが原因と思われます。

と言うことで、詳細地図とフリー地図は同時にインストールしないといけない。
純正のMapSourceやMapInstallでは、フリー地図の登録が簡単には出来なさそうなので、Sendmap20を使ってインストール、今回はアップアップダウン製作所のサポート情報に書いてある方法を参考にして行います。

Sendmap20を起動して、追加する地図の名前を"Region name :"に入力して"Add maps"でIMGファイルを選択して追加。これを地図の種類ごとに行います。
今回は、フリーの"Word Map"、日本道路地図"Japan RoadNavi"、日本等高線地図"Japan Topo 20m"を登録しました。
20071230_3.jpg


前回は直接GPSにUploadしていましたが、今回は "Create GMAPSUPP.IMG"をクリックしてGPSにコピーするIMGファイルを作成します。
メインのパソコンは、Macなので完成したファイルをMacへ移動。
20071230_4.jpg


このIMGファイルを、GPSに取り付けるMicroSD上の/Gamin/というフォルダにコピー
20071230_5.jpg


MicroSDをGPSに戻して起動すると、ちゃんと"Word Map"、"Japan RoadNavi"、"Japan Topo 20m"の3種類の地図が登録されていました。
20071230_6.jpg


この方法だとGMAPSUPP.IMGファイルさえ作っておけばMac上で地図の入れ替えが出来るし、eTrex Legend HCx本体のUSB端子はUSB1.1仕様で12Mbpsしかないので、データ量の多い地図データは本体からMicroSDを外してUSB2.0のカードリーダーを使用してコピーした方が断然早くインストールが終わります。


   12:46 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

フリー地図のインストール

インターネット上で公開されているフリーの地図をインストールしてみます。
入手先は、MapCenter

とりあえず、詳細地図と一緒に大まかでいいから世界地図を入れたいので、World Mapの"build source"をダウンロード。ダウンロードしたものを解凍するとIMGファイルが出来ます。
どんな地図か確認する場合は、GPSMapEdit (Windows)でIMGファイルを開くと中身が確認出来ます。
20071230_0.jpg


GPS本体へのインストールは、Sendmap20というソフトを使います。
"Region"の所の表示が、GPS本体での地図名の表示になります。
地図を取り込んでから"Region name :"の所を変更しても変更されないみたい。
"Add maps"でIMGファイルを選択する前に、"Region name :"を好きな名前に変更してから、"Add maps"でIMGファイルを選択すると"Region"の表示を変更出来ます。
20071230_1.jpg


後は、"Device"の所の"Connect"をクリックしてGPSを認識させて、"Upload maps to GPS"をクリックするとGPSへの地図のインストールが始まり、無事に終了するとGPSに地図が表示されます。
20071230_2.jpg


無事に終了~
と言いたいところが、日本の詳細地図が消えてしまった・・・


   09:51 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

詳細地図のインストール(MacOS X編)

eTrex Legend HCxに日本の詳細地図をインストールします。
日本語であったら日本語の純正詳細地図をインストールしたいところですが、本体が英語版ということで、ローマ字表記の地図を選ばなくてはいけません。
方法としては、下記の方法があります。
・国土地理院がインターネットで公開しているデータを変換して作る。
・インターネットで配布されているフリーの物を使う。
・サードパーティの物を購入する。
※参考HP

せっかく本体にナビ機能が付いているので、ナビ機能に対応した地図を販売しているアップアップダウン製作所(UUD.INFO)のルートナビv2を購入。日本全国の地図データは、RoadNaviとTopoを合わせて約700MBなので、1GBのMicroSDカードも購入。
662297136_144.jpg


地図データをWindowsにインストールすると、自動的にMapSourceに登録されます。MapSourceからGPSに地図をインストールするのが一番手間がかからないのですが、今回はあえてMacOS XからGPS本体にインストールしてみます。

まずはGARMINのHPからMapConverterをダウンロード。
インストールして起動すると、MapSourceに登録されている地図のリストが表示されます。
MapConverter_1.png


ここで変換する地図は、「Japan RoadNavi 25000 v2」と「Japan Topo 20m v2」を選択。(アップアップダウン製作所-よくある質問を参照)
「次へ」をクリックすると、保存先を聞いてくるので適当な場所にして「次へ」
MapConverter_2.png


変換が始まります。
MapConverter_3.png


変換が終わったら、「完了」をクリックしてソフトを終了。
MapConverter_4.png


ここからは、MacOS Xでの作業。
まずは、GARMINのHPからMapInstallをダウンロードしてインストール。
Windowsで変換したファイルを、MacOS Xに移動させます。
tgzファイルなので,ダブルクリックで解凍。
File_1.png


gmapiファイルが出来ます。
File_2.png


gmapiファイルをダブルクリックすると、MapManagerが立ち上がります。
ここでのインストールは、地図データを~/Library/Application Support/Garmin/Maps/にコピーしてるだけみたい。
MapManager_1.png


MapInstallを起動して「続行」をクリック
MapInstall_1.png


デバイスの認識を確認して、「続行」
MapInstall_2.png


上のプルダウン・メニューで地図を選んで、インストールしたい区域を選択して「マップの送信」
MapInstall_3.png


データ量が多いと、結構時間がかかります・・・
MapInstall_4.png


無事にインストール完了~
GPS_20071229_1.jpg



   19:34 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
Amazonお得商品検索

割引率:%~%
Amazonベストセラー

タグ de Amazon
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。